defjamrecordings

記事一覧(78)

【SWAY】アルバム発売記念リリースイベント決定!「ミニ・ライブ&ハイタッチ会」を8月28日(火)@東京、8月30日(木)@名古屋、8月31日(金)@札幌、9月1日(土)@兵庫にて開催!

遂にメジャーファーストアルバム発売記念のリリースイベントが決定!当日イベント会場でCDをご購入いただいた方を対象にDef Jam Recordings presents!「ミニ・ライブ&ハイタッチ会」を行います。再びSWAYが皆様に会いに行きます!多くの皆様のご参加をお待ちしております!<日時・地区>【1】8月28日(火)@東京某所【2】8月30日(木)@名古屋某所【3】8月31日(金)@札幌某所【4】9月  1日(土)@兵庫某所<注意事項>※4か所共に「ミニ・ライブ&ハイタッチ会」の実施となります。※当日はCD1枚ご購入につき「ハイタッチ参加券」を先着で1枚差し上げます。※時間や観覧・購入方法などの詳細は、決定次第発表となりますので今しばらくお待ちください。※詳細が発表されるまではイベントに対するお問い合わせ等はご遠慮いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。【お問い合せ】ユニバーサルミュージック カスタマー・サービスセンターTEL: 045-330-7213月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)メールのお問い合わせは、弊社ホームページhttp://www.universal-music.co.jp/faq/へアクセスして頂き、お問い合わせフォームのボタンを押していただきお問い合わせください。弊社カスタマーサービスセンターよりメールにて回答させていただきます。

【SWAY】8月29日発売となるDef Jam Recordings 1stアルバムの収録全曲を発表!

SWAYが自身のTwitter、Instagramにて8月29日発売となる待望のDef Jam Recordings 1stアルバムの収録全曲を発表、2nd先行配信シングル「 Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU 」が8月22日にリリースされることをティザー映像とともに明らかにした。アルバムにはDef Jam Recordingsの復活の狼煙を上げたAK-69をはじめ、HIROOMI TOSAKA、EXILE SHOKICHI、SALUなどが豪華参戦。プロダクション・サイドには、OLDMANWILDIN' (P-CHO, JAY'ED, NAOtheLAIZA)、TEE、KM-MARKIT、THE BACKCOURT (Matt Cab × TOMA), SUNNY BOYなどが名を連ねる。ヒップホップ、R&B、そしてポピュラー・ミュージックの最高峰、最先端のカラフルなサウンドが詰まった期待大の強力盤となりそうだ。8月22日(水)にリリースとなる2nd先行配信シングル「Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU」は、札幌がホームタウンの3人がタッグを組んだ、札幌レペゼンのアンセムになること間違いなしだ。この配信に先駆け「Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU」の歌詞が公開(Uta-net)、またSWAYのソーシャルにアップされた映像にはこの曲のイントロが流れており、その世界観を垣間見ることが出来、ファンならずとも期待が高まる。 ■SWAY『UNCHAINED』購入リンク: https://umj.lnk.to/sway_uncPR ■SWAY「Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU」歌詞(Uta-net):

【SWAY】SWAY、1stアルバムのタイトル&ジャケット写真公開!収録曲「Perfect Love」先行配信スタート!!

SWAY、8月27日発売となる待望のDef Jam Recordings 1stアルバムのタイトルが『UNCHAINED』(読み:アンチェインド)であることが発表された。“解き放たれる”という意味を持つこのタイトル、今後、SWAYから明らかになるであろう、このタイトルにこめた意図など、どのようなコメントが飛び出すか楽しみだ。そして、このアルバムからの先行トラック「Perfect Love」が本日7月18日に配信リリースされ、iTunesヒップホップ・ランキングでは早速1位を獲得している。先週よりSWAY自身のTwitterとInstagramにてこの「Perfect Love」の先行配信決定が告知、そのタイミングでイントロが公開、また歌詞も先行公開(Uta-Netにて公開直後にアクセス・ランキングの楽曲別リアル・タイミング・ランキングにて1位を獲得)、さらにSWAY出演のリリック・ビデオも立て続けに公開、ファンからは、「何回観てもかっこいい。️これ反則だよ」、「歌詞からしてすでにいい曲」、「ナチュラルな雰囲気のSWAYもとってもかっこいい」、など多くのコメントがSNSで飛び交い、話題を集めている。なお、この「Perfect Love」の作詞はTEEが担当している。SWAYのInstagramでは「出会いは2006年。カナダ、トロントでTEEくんに出会いました!と言っても、そのときは直接は会ってないですがトロントで生活してると「お前みたいなVIbesを持ったやつが前にここにいた」といろんな人に言われ続けその人がTEEくんだった。」という不思議な出会いを告白している。また、そのTEEも自身のTwitterで「素敵な出会い。 奇跡のつながり。そんな絆から生まれた 大事な人に向けたラブソング」とTweetしている。さらに、このタイミングで4種類のジャケット写真も公開された。昨年のシングル「MANZANA」から繋がっていくような、セクシーかつストリートを匂わせるスタイリッシュなSWAYの4つの表情がみられる。撮影はジャパニーズ・ヒップホップ・シーンのカリスマ・フォトグラファー、cherry chill will.によるもので、こちらも話題を集めそうだ。■SWAY「Perfect Love」Music Video: https://www.youtube.com/watch?v=JiX-ZX1tA3E 

【BTS】2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR IN JAPAN~SPECIAL EDITION~at KYOCERA DOME[初回限定盤]

全世界が注目するBTSが、昨年10月15日に京セラドームで行った初のドーム公演を完全映像化!ライヴ初披露となる、大ヒット曲「DNA」をはじめ、「Go Go」、「You Never Walk Alone」、「Not Today -Japanese ver.-」、「Spring Day -Japanese ver.-」を含む全26曲収録!2017年、2018年と2年連続でBillboard Music Awards Top Social Artist受賞!!韓国アーティストとして同アワード史上初となるパフォーマンスを披露!そして、最新アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」がBillboard 200 Chart(ビルボード・アルバムランキング)で韓国グループとして初の1位を獲得!!これまで数々の歴史的記録を打ち立ててきたBTSが2017年に行ったワールドツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR」。2017年2月18日に韓国コチョク・スカイドームを皮切りにスタートし、日本を含む19の国と地域で40公演、約55万人を動員し、日本では6都市13公演、14万5千人を動員。その後、10月には“SPECIAL EDITION”として京セラドームにて追加2days公演を行い8万人動員!BTS (防弾少年団)の掲げる三部作のラストを締めくくる重要なツアーであり、さらに初のドーム公演を完全映像化ということで、メンバーにとってもファンにとっても記念すべき特別な作品!世界で活躍する勢いとその人気の高さを証明する世界照準のサウンド、ダンスパフォーマンス、BTSの魅力が詰まった待望のLIVE Blu-ray & DVD。商品にはライヴ本編、アンコールだけでなく、京セラドーム2daysバックステージの様子を収めたメイキング映像も収録!更に初回限定盤はメンバー別LIVE写真集 20Pが7冊(A4サイズ)、スリーブケース付の豪華盤!【初回限定盤:Blu-ray】◆DISC:1・LIVE本編・ENCORE・BEHIND THE SCENES◆メンバー別LIVE写真集(20P)7冊(A4サイズ)◆BOXスリーブケース付(A4サイズ)◆デジパック仕様(A4サイズ)※商品4タイトル毎に収録内容は同一となります。※商品4タイトル毎にジャケットデザインは異なります。※初回限定盤Blu-ray、初回限定盤2DVDのブックレット内容は同じになります。

【BTS】2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR IN JAPAN~SPECIAL EDITION~at KYOCERA DOME[初回限定盤]

フォーマット DVD組み枚数 2レーベル Virgin Music (JPN)発売元 ユニバーサル ミュージック合同会社発売国 日本商品紹介全世界が注目するBTSが、昨年10月15日に京セラドームで行った初のドーム公演を完全映像化!ライヴ初披露となる、大ヒット曲「DNA」をはじめ、「Go Go」、「You Never Walk Alone」、「Not Today -Japanese ver.-」、「Spring Day -Japanese ver.-」を含む全26曲収録!2017年、2018年と2年連続でBillboard Music Awards Top Social Artist受賞!!韓国アーティストとして同アワード史上初となるパフォーマンスを披露!そして、最新アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」がBillboard 200 Chart(ビルボード・アルバムランキング)で韓国グループとして初の1位を獲得!!これまで数々の歴史的記録を打ち立ててきたBTSが2017年に行ったワールドツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR」。2017年2月18日に韓国コチョク・スカイドームを皮切りにスタートし、日本を含む19の国と地域で40公演、約55万人を動員し、日本では6都市13公演、14万5千人を動員。その後、10月には“SPECIAL EDITION”として京セラドームにて追加2days公演を行い8万人動員!BTS (防弾少年団)の掲げる三部作のラストを締めくくる重要なツアーであり、さらに初のドーム公演を完全映像化ということで、メンバーにとってもファンにとっても記念すべき特別な作品!世界で活躍する勢いとその人気の高さを証明する世界照準のサウンド、ダンスパフォーマンス、BTSの魅力が詰まった待望のLIVE Blu-ray & DVD。商品にはライヴ本編、アンコールだけでなく、京セラドーム2daysバックステージの様子を収めたメイキング映像も収録!更に初回限定盤はメンバー別LIVE写真集 20Pが7冊(A4サイズ)、スリーブケース付の豪華盤!【初回限定盤:DVD】◆DISC:1 ・LIVE本編・ENCORE◆DISC:2・BEHIND THE SCENES・メンバー別LIVE写真集(20P)7冊(A4サイズ)・BOXスリーブケース付(A4サイズ)・デジパック仕様(A4サイズ)※商品4タイトル毎に収録内容は同一となりますが、初回限定盤 2DVDと通常盤2DVDのBEHIND THE SCENESはDISC2に収録されます。※商品4タイトル毎にジャケットデザインは異なります。※初回限定盤Blu-ray、初回限定盤2DVDのブックレット内容は同じになります。

【BTS】2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~ at KYOCERA DOME [通常盤]

フォーマット Blu-ray組み枚数 1レーベル Virgin Music (JPN)発売元 ユニバーサル ミュージック合同会社発売国 日本商品紹介全世界が注目するBTSが、昨年10月15日に京セラドームで行った初のドーム公演を完全映像化!ライヴ初披露となる、大ヒット曲「DNA」をはじめ、「Go Go」、「You Never Walk Alone」、「Not Today -Japanese ver.-」、「Spring Day -Japanese ver.-」を含む全26曲収録!2017年、2018年と2年連続でBillboard Music Awards Top Social Artist受賞!!韓国アーティストとして同アワード史上初となるパフォーマンスを披露!そして、最新アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」がBillboard 200 Chart(ビルボード・アルバムランキング)で韓国グループとして初の1位を獲得!!これまで数々の歴史的記録を打ち立ててきたBTSが2017年に行ったワールドツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR」。2017年2月18日に韓国コチョク・スカイドームを皮切りにスタートし、日本を含む19の国と地域で40公演、約55万人を動員し、日本では6都市13公演、14万5千人を動員。その後、10月には“SPECIAL EDITION”として京セラドームにて追加2days公演を行い8万人動員!BTS (防弾少年団)の掲げる三部作のラストを締めくくる重要なツアーであり、さらに初のドーム公演を完全映像化ということで、メンバーにとってもファンにとっても記念すべき特別な作品!世界で活躍する勢いとその人気の高さを証明する世界照準のサウンド、ダンスパフォーマンス、BTSの魅力が詰まった待望のLIVE Blu-ray & DVD。商品にはライヴ本編、アンコールだけでなく、京セラドーム2daysバックステージの様子を収めたメイキング映像も収録!【通常盤:Blu-ray】◆DISC:1・LIVE本編・ENCORE・BEHIND THE SCENES◆ブックレット 20P◆通常アマレイケース仕様※商品4タイトル毎に収録内容は同一となります。※商品4タイトル毎にジャケットデザインは異なります。曲目Blu-rayNot Today -Japanese ver.-Go GoDOPEBeginLieFirst LoveLostSave ME -Japanese ver.-I NEED U -Japanese ver.-ReflectionStigmaMAMAAwakeBTS Cypher 4FIRE -Japanese ver.-Title Medley -Japanese ver.- (N.O / NO MORE DREAM / BOY IN LUV / Danger / RUN)DNA血、汗、涙 -Japanese ver.-A Supplementary Story : You Never Walk AloneInterlude : Wings2! 3!Spring Day -Japanese ver.-BEHIND THE SCENES

【BTS】2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~ at KYOCERA DOME [通常盤]

フォーマット DVD組み枚数 2レーベル Virgin Music (JPN)発売元 ユニバーサル ミュージック合同会社発売国 日本商品紹介全世界が注目するBTSが、昨年10月15日に京セラドームで行った初のドーム公演を完全映像化!ライヴ初披露となる、大ヒット曲「DNA」をはじめ、「Go Go」、「You Never Walk Alone」、「Not Today -Japanese ver.-」、「Spring Day -Japanese ver.-」を含む全26曲収録!2017年、2018年と2年連続でBillboard Music Awards Top Social Artist受賞!!韓国アーティストとして同アワード史上初となるパフォーマンスを披露!そして、最新アルバム「LOVE YOURSELF 轉 'Tear'」がBillboard 200 Chart(ビルボード・アルバムランキング)で韓国グループとして初の1位を獲得!!これまで数々の歴史的記録を打ち立ててきたBTSが2017年に行ったワールドツアー「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR」。2017年2月18日に韓国コチョク・スカイドームを皮切りにスタートし、日本を含む19の国と地域で40公演、約55万人を動員し、日本では6都市13公演、14万5千人を動員。その後、10月には“SPECIAL EDITION”として京セラドームにて追加2days公演を行い8万人動員!BTS (防弾少年団)の掲げる三部作のラストを締めくくる重要なツアーであり、さらに初のドーム公演を完全映像化ということで、メンバーにとってもファンにとっても記念すべき特別な作品!世界で活躍する勢いとその人気の高さを証明する世界照準のサウンド、ダンスパフォーマンス、BTSの魅力が詰まった待望のLIVE Blu-ray & DVD。商品にはライヴ本編、アンコールだけでなく、京セラドーム2daysバックステージの様子を収めたメイキング映像も収録!【通常盤:DVD】◆DISC:1・LIVE本編・ENCORE◆DISC:2・BEHIND THE SCENES◆ブックレット 20P◆通常アマレイケース仕様※商品4タイトル毎に収録内容は同一となりますが、初回限定盤2DVDと通常盤2DVDの「BEHIND THE SCENES」はDISC2に収録されます。※商品4タイトル毎にジャケットデザインは異なります。曲目DVD-1Not Today -Japanese ver.-Go GoDOPEBeginLieFirst LoveLostSave ME -Japanese ver.-I NEED U -Japanese ver.-ReflectionStigmaMAMAAwakeBTS Cypher 4FIRE -Japanese ver.-Title Medley -Japanese ver.- (N.O / NO MORE DREAM / BOY IN LUV / Danger / RUN)DNA血、汗、涙 -Japanese ver.-A Supplementary Story : You Never Walk AloneInterlude : Wings2! 3!Spring Day -Japanese ver.-DVD-2BEHIND THE SCENES

【SWAY】1stアルバムからの先行配信シングル「Perfect Love」、7月18日(水)にリリース決定!!!

【SWAY】Def Jam Recordings presents!「魅惑の香るハイタッチ会」詳細決定!

大変お待たせいたしました!Def Jam Recordings presents!「魅惑の香るハイタッチ会」の詳細が決定いたしましたのでご案内いたします。以下ご一読の上、事前ご準備いただき当日はお時間に余裕をもってご来場ください。多くの皆様のご参加をお待ちしております!<日程・会場>【1】7月21日(土):晴海客船ターミナル 4Fホール(http://www.tptc.co.jp/terminal/guide/harumi)【2】7月22日(日):湊町リバープレイス(http://www.oud.co.jp/riverplace/index.php)<時間> ※両日共通です。CD予約受付スタート :11:00会場再集合時間   :14:30ハイタッチ会スタート:15:00予定~参加列が途切れ次第、終了(パフォーマンスはございません)<ご予約対象商品>■東京会場:3タイトル2018年8月29日発売 SWAYファーストアルバム「タイトル未定」・初回限定盤【CD+DVD】(UICV-9287)¥3,500[税込]・通常盤 【CD】(UICV-1101)\2,500 [税込]・UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤 【CD+ブレスバンド】(PDCV-1020) ¥3,500 [税込]※CDショップのみの初回予約特典となる「B2告知ポスター」は付きません。※こちらで購入された初回限定盤と通常盤は「お客様私物サイン会(1部)」の当たり券封入対象商品です。※こちらではUNIVERSAL MUSIC STOREでの予約販売となるため、自動的に「お客様私物サイン会(2部)」の抽選エントリーとなります。■大阪会場:2タイトル2018年8月29日発売 SWAYファーストアルバム「タイトル未定」・初回限定盤【CD+DVD】(UICV-9287)¥3,500[税込]・通常盤 【CD】(UICV-1101)\2,500 [税込]※CDショップのみの初回予約特典となる「B2告知ポスター」は付きません。※こちらで購入された初回限定盤と通常盤は「お客様私物サイン会(1部)」の当たり券封入対象商品です。※こちらではタワーレコードでの予約販売となるため、UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤の受付はありません。<ご予約~参加方法>【1】ご参加いただける方はこちら以下のPDFにございます、予約用紙を各自でプリントアウトして、お名前・電話番号、ご予約枚数等の必要事項をご記入の上、当日は各自でご持参し予約受付をお願いします。東京会場と大阪会場では予約用紙や販売条件が異なりますので、お間違いの無い様にご注意ください。なお、各会場にも予約用紙は準備してございますが、用紙記入やご購入の為に更にお待ちいただく可能性がございますので、事前に記入してご持参いただく事をお奨めいたします。東京会場:【0721東京会場】SWAY予約用紙大阪会場:【0722大阪会場】SWAY予約用紙(↑クリックで予約用紙のPDFが開きます)【2】当日はCD即売会場でお品代お支払後、「魅惑の香るハイタッチ会参加券」をお受け取りください。CD1枚ご予約につき「魅惑の香るハイタッチ会参加券」をもれなく1枚差し上げます。多くの方がご参加される想定ですのでお時間には余裕をお持ちになってご来場・ご予約ください。商品は発売時にお渡しとなります。【3】再集合時間になりましたら会場へお集まりいただき、スタッフが誘導をいたしますので指示に従って整列をお願いします。整列番号等は特にございませんので再集合順に整列し「魅惑の香るハイタッチ会」へご参加いただきます。参加者が多数の場合、「魅惑の香るハイタッチ会」の順番までお待ちいただく可能性もございます。ご帰宅のための電車時刻などにはご注意ください。【4】「魅惑の香るハイタッチ会参加券」をスタッフにお渡しいただき、アーティストとハイタッチ、終了後はそのままご帰宅となります。「魅惑の香るハイタッチ会」は参加列が途切れ次第、終了となります。<東京会場での注意事項>※会場自体は屋内になりますが真夏の暑さ対策によるご準備を十分にお願いします。なお、周辺にはコンビニや売店は一切ございません。※当日は無理をせず個人の責任において体調管理いただきます様、お願いいたします。※会場は最寄り駅(勝どき駅)から離れており徒歩でも25分程度かかります。都営バスも走っておりますが本数にも限りがございますので、タクシーまたは徒歩をお勧めいたします。事前にお調べいただき必ず時間には余裕をもってお越しください。 <アクセスHP>http://www.tptc.co.jp/terminal/access#harumi-anc※当日の特設レジでは現金とクレジットカードがご利用頂けます。※商品は配送のみとなり送料が別途に514円必要となります。なお、合計金額が¥2,571以上は送料が無料となります。※複数回に分けてお会計いただいた場合は、お会計ごとに配送料金が掛かります。※お届け日は8/29(水)以降、順次のお届けとなります。<大阪会場での注意事項>※イベント会場は屋外の為、真夏の暑さ対策によるご準備を十分にお願いします。必ず時間には余裕をもってお越しください。※雨天決行となりますので、雨具等は各自でご準備をお願いします。※当日は無理をせず個人の責任において体調管理いただきます様、お願いいたします。※当日の特設レジでは現金とクレジットカード(JCB/VISA/MASTER/AMEX)がご利用頂けます。※各種ポイントカード、金券、電子マネー、クーポン等はご利用いただけませんので、ご了承ください。※イベントにご参加の場合、店頭購入特典は対象外となりますのでご注意ください。※ご予約いただいた商品のお受け渡し方法は「タワーレコード難波店」でのお引取りか「配送」のいずれかをお選び頂けます。※「配送」の場合、1回のお会計につき配送料¥800をお支払いいただきます。※複数回に分けてお会計いただいた場合は、お会計ごとに配送料金が掛かります。※「配送」の場合、お届け日は8/31(金)以降、順次のお届けとなります。※配送地域や状況により、1週間かかる場合もございますので予めご了承の上、お選びください。<共通注意事項>■多くの方がご来場いただき大変混雑が予想されますので、事前に販売ルールをご理解いただき当日はご参加ください。■会場への問い合わせは一切禁止とさせていただきます。■当日は「魅惑の香るハイタッチ会」のみとなりパフォーマンスはございません。■お1人様1回のご予約枚数は、各形態1枚ずつで東京会場は合計3枚、大阪会場は合計2枚が上限となります。複数枚まとめての購入は出来ません。お友達と一緒に合わせて複数購入する事も出来ません。■複数ご予約希望の方は、再度予約列の最後尾へお並びいただき改めてご予約をお願いします。■配送でのご予約の場合、手配準備の為にお届けが発売日から数日かかる可能性がございます。■「魅惑の香るハイタッチ会参加券」1枚で1名のご参加となります。ただし、未就学児に限り1名のみ保護者と一緒にブース内へ同行いただけます。■小学生以下(13歳未満)のお子様が参加するには保護者の方の同伴が必要です。6歳以上のお子様がご参加される場合は参加される保護者とは別に「魅惑の香るハイタッチ会参加券」が1枚必要となります。■カメラ、ビデオカメラ、カメラ付携帯電話等での撮影、録音録画のすべての行為は一切禁止とさせていただきます。こうした行為が認められた場合、また、係員の指示に従って頂けない場合は、イベントの中止、または途中退場及び没収やデータの消去をさせていただく場合がございます。■ハイタッチ以外の行為(プレゼント手渡しや抱きつき)などはご遠慮ください。■イベント中は、係員がお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合がございます。スムーズな運営の為、ご協力をお願いします。■「魅惑の香るハイタッチ会参加券」を紛失/盗難/破損等した場合、いかなる理由があっても再発行はいたしませんので、なくさないようご注意ください。当日の握手会終了後、無効となります。■「魅惑の香るハイタッチ会参加券」はご家族・ご友人を含め第三者に売買・譲渡することは一切禁止です。■当日は事故、混乱の防止のため、必要に応じた各種制限を設けさせていただくことがあります。■イベントは主催者の判断において、終了させていただく場合がございます。■イベントが途中中止になった場合でも、ご予約商品の払い戻しや返金等は一切行いません。ご了承ください。■会場周辺/会場内での徹夜行為での待機は一切禁止です。また会場周辺/会場内で他のお客様の迷惑になるような行為はしないでください。イベント中止の原因となります。係員の指示に従って頂けない場合はご予約をお断り、または即退場いただく事がございます。■天候や災害、その他のトラブルやアーティストの都合により、やむをえず中止になる場合がございます。予め御了承ください。■会場内・外で発生した事故・盗難等については、主催者は一切責任を負いません。貴重品は各自で管理をお願いいたします。■プレゼント及びファンレターの受付は行っておりません。あらかじめご了承ください。■イベントはお客様のご理解とご協力があって実施できます。注意事項をしっかり守って楽しいイベントにしましょう。ご協力を宜しくお願い申し上げます。★各イベントに関するお問い合わせユニバーサルミュージック カスタマー・サービスセンターTEL: 045-330-7213月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)メールのお問い合わせは、弊社ホームページhttp://www.universal-music.co.jp/faq/へアクセスして頂き、お問い合わせフォームのボタンを押していただきお問い合わせください。弊社カスタマーサービスセンターよりメールにて回答させていただきます。

【SWAY】ファーストアルバム発売記念!Def Jam Recordings presents!「魅惑の香るハイタッチ会」実施決定! 7月21日(土)@東京、7月22日(日)@大阪にて開催!

8月29日発売のメジャーファーストアルバムを、当日イベント会場でご予約いただいた方を対象にDef Jam Recordings presents!「魅惑の香るハイタッチ会」を行います。再びSWAYが皆様に会いに行きます!多くの皆様のご参加をお待ちしております!<日時・地区>【1】7月21日(土)@東京某所【2】7月22日(日)@大阪某所<注意事項>※当日はCD1枚ご予約につき「魅惑の香るハイタッチ会」参加券 をもれなく1枚差し上げます。※当日は「魅惑の香るハイタッチ会」のみとなりパフォーマンスはございません。※「魅惑の香るハイタッチ会」は参加列が途切れ次第、終了となります。終了後の対応は致しかねます。※時間や予約方法などの詳細は決定次第発表となりますので、今しばらくお待ちください。※イベント詳細が発表されるまでお問い合わせ等はご遠慮いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。【お問い合せ】ユニバーサルミュージック カスタマー・サービスセンターTEL: 045-330-7213月~金 10:00~18:00(祝祭日を除く)メールのお問い合わせは、弊社ホームページhttp://www.universal-music.co.jp/faq/へアクセスして頂き、お問い合わせフォームのボタンを押していただきお問い合わせください。弊社カスタマーサービスセンターよりメールにて回答させていただきます。

【AK-69】オフィシャル・インタヴューの後編が到着!!!

AK-69史上、最大の話題曲となっている「BRAVE feat. Toshl(X JAPAN)」。「Forever Young feat. UVERworld」に次ぐ2度目の固い友情の証となる感動のコラボレーション再び、「ONE LIFE feat. UVERworld」。AK-69のレーベルFlying B Entertainment所属のCITY-ACEをフィーチャリングしたアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』主題歌「蒼天の果てに feat. CITY-ACE」。これら3曲の新曲を収録した究極コラボBESTアルバム『無双Collaborations -The undefeated-』を6月20日にリリースしたAK-69にたっぷりと語ってもらったオフィシャル・インタヴュー、今回は後編。【AK-69 オフィシャル・インタヴュー(後編)】◯UVERworldとは“Forever Young feat.UVERworld”に続いて、新録となる“ONE LIFE feat.UVERworld”で、二度目のコラボを展開されましたね。「UVERworldはこれまで誰ともコラボをしてこなかったアーティストなんだけど、“Forever Young feat.UVERworld”で、コラボ・バージンを俺にくれて(笑)。そういう動きが出来た理由は、TAKUYA∞と俺が、人間としてお互いに共鳴しあえたって部分だと思うんですよね。アーティストとして対等に、お互いをしっかりリスペクトしあえているからこそ、このコラボが成り立ったんだと思う。コラボの第一弾として“Forever Young”を制作して、その後に俺の武道館(「DAWN in BUDOKAN」)だけじゃなくて、彼らの「男祭りライヴ」(「UVERworld KING'S PARADE 2017」)でもその曲を披露したり、そういう、色んなリレーションシップを通じて、またコラボで曲を作りたくてしょうがない状態だったんですよね、それは両者とも。だって、向こうから「AKくん、そろそろ“Forever Young”歌いたいんで、俺らのライヴに来てくださいよ!」って声がかかれば、俺も「おう!行く行く!」って感じだし、本人同士の関係性がフラットすぎて、お互いのレーベルが困るぐらい(笑)。そういう風に、俺達はお互いに一緒に突っ走ることの出来る関係性だと思うし、「心が共鳴」してるからこそ、最高のコラボレーションが自然に出来るんだと思いますね」◯そして“ONE LIFE feat.UVERworld”は全編英詩という構成になっています。「LAでのレコーディング・セッションの時に作ったので、デモは英語で作ってたんですよね。そのデモをTAKUYA∞に聴かせたら、「ヤバイ!やりましょう!」って、そのまま制作に入れるぐらい、ノリノリで返事をしてくれて。お互いに全英詩は初めてのチャレンジだったけど、俺たちが初期衝動的に格好いいと思った楽曲をそのまま作ってみて、それをリスナーが聴いた時に同じように感じて貰える可能性があるなら、それをリリースする意味があると思ったんですよね。だから、ある種スゴく大きい規模での遊びが、この曲では出来たと思いますね」◯そして“蒼天の果てに feat.CITY-ACE”は、AKさんの立ち上げた事務所:Flying B Entertainmentに所属するCITY-ACEをフィーチャリングに迎えた楽曲になりました。「元々はアニメ「蒼天の拳 -REGENESIS-」のオープニング・テーマということで描き下ろした曲だったんですが、TV尺からフル尺に再構成する時に、CITY-ACEとのコラボがパッと浮かんだんですよね。この曲にCITY-ACEがメロディをはめてくれることで、新しいアプローチが生まれると思ったし、それが、ヒップホップ・シンガーとしてのCITY-ACEなら形に出来るだろうなって。結果、すげぇ締まったと思うし、どんハマりしてくれたと思いましたね」◯新録の3曲を分析すると、“Brave”という日本の音楽シーンの歴史と王道を感じる楽曲、“ONE LIFE”というロックの先端を進む楽曲、そして“蒼天の果てに”というヒップホップを根本においた楽曲と、それぞれに大きな方向性がありますが、その3つのファクターは、AK-69の動きともリンクしているようにも感じます。「まさにそうですね。ジャンルを超えたレジェンドとの大きなコラボ、ロック畑とのセッション、ヒップホップ・アーティストのAK-69としてお茶の間や音楽シーン全体に切り込んでいく姿勢、という意味でも、この3曲は大きな意味があると思いますね」◯お茶の間やポップス・シーンに切り込むという意味では、倖田來未“Bling Bling Bling feat. AK-69”などの楽曲も印象に残ります。「くぅちゃんのファン層や規模感から考えると、「こういうヴァースを歌って下さい」と指示があってもおかしくは無いと思うんだけど、「AK色で染めて下さい」っていう依頼だったし、事実、俺の書いた内容をそのまま認めてくれたのは嬉しかったですね。それによって良い化学反応も生まれたと思います。しかも、俺がガイシホールに初めて立ったのが、くぅちゃんのライヴのゲストでだったんですよ。「THE RED MAGIC RELEASE TOUR FINAL」でソロとしてガイシホールというアリーナに立つ前に、免疫をつけて貰ったと思うし、そういう意味のあるコラボになったと思いますね」◯ヒップホップ・サイドの楽曲も、サウンド的にも内容的も非常にバラエティに富んだ楽曲が収録されていますね。「TERRYとの“999 featuring AK-69”も思い入れが強いし、YORKとの“FIND YOU feat.AK-69”は、俺がNYに武者修行に行ってた時期の後半に作ったんですね。だから、今書けって言われたらなかなか出てきづらい英語の言い回しがあったり、あの曲のヴァースは、俺がNYに行ってた成果が出てると思いますね。それから、“Let me Know feat.AK-69 & KOHH”もやはり重要ですね。それはプロデューサーがタイプライターだった事も含めて」◯それは具体的には?「00年代中盤の、俺がアンダーグラウンドで名前を大きくしていった時期に書いた、「Guess Who's Back ?」や「Follow Me」をプロデュースしたのが、タイプライターだったんですよね。当時、俺とタイプライターのタッグは、一つのヒットの法則だった。そのタッグで久々に作ったのが“Let me Know”なんですけど。実は、最初に俺が出したメロディはタイプライターに「そのメロディは違う」ってダメ出しされたんですよ。俺も自信がないメロディだったらそれに納得してたけど、気に入っていて自信のあるメロディだったから、「はあ?」って(笑)。でも、頑としてタイプライターは「もっと良いメロディがAKなら出せる」って退かなくて、それで俺も意地で書いたのが、あの曲のメロディだったんですよね。そしたら、タイプライターもKOHHも感動してくれて、結果、素晴らしい曲になったと思う。それはスゴく記憶に残ってるし、俺の才能を更に引き出せるように「プロデュース」してくれたと思いますね」◯ヒップホップ・ヘッズとしては、TOKONA-Xの所属したグループ:イルマリアッチの生み出したヒップホップ・クラシック「ビートモクソモネェカラキキナ」と「Young Gunz feat. Shigechiyo & Kent」をオマージュした、「ビートモクソモネェカラキキナ (2016 REMIX) feat.Zeebra & AK-69」の収録も印象に強いですね。「あの曲の制作をジブさん(ZEEBRA)と一緒に出来たというは、本当に感慨深かったですね。俺たちの中でヒップホップのキングといえば、やっぱりジブさんだし、DJ RYOWによって新たな息吹の吹き込まれた意味のある曲でタッグが組めたのは、やっぱり嬉しかった。トコナメ(TOKONA-X)が生きてた当時、俺らも良い意味で「ZEEBRAをまくってやりたい」って野望を、ストリートで語ってたんですよね。あいつは惜しくもこの世にはいないけど、あいつが持ってたDEF JAMの看板を俺がいまは背負って、あいつの曲を元にして、俺がラップして、DJ RYOWがバックアップして、そこにZEEBRAを客演に迎えて、この曲が完成したっていうのは、すげぇ意味があると事だと思いますね。しかもヒップホップ・ファンの子たちが、「久々に俺のイケイケなヴァースを聴いた」っていうので、湧いてくれたのも嬉しかったですよね。俺としても、昔東京や他の地方に対して思ってた「名古屋だ、かかってこい」っていう気持ちを思い出してラップしたし、自然と若い時の熱いノリが出せたと思うし、そういう気持ちにさせてくれた曲ですね」◯また、配信では DJ HAZIME制作のAKLO, PUNPEE, AK-69 による「MY STYLE」など、CDには収まりきれなかった曲もリリースされていますね。「そうやって色んなジャンルのアーティストや、色んなタイプのラッパーが参加してくれたり、参加させてもらった事を、再確認する盤になりましたね。ただ、そういったジャンル分けや棲み分けを超えて大事なのは、「音楽力」だと改めて思いましたね。俺自身、誰かに俺の音楽を見せたときに、認めざるを得ない、音楽的な説得力を持たせないといけないと思ってるし、こういう幅広い参加陣と制作出来たのは、それが出来てるんだと自負になりました。作品のクオリティ、ライヴでのパフォーマンス、出で立ちや雰囲気、そういう全てが「アーティスト力」「音楽力」だと思う。その上で「いつだってAK-69であること」が作品を通して打ち出せていると思うし、それを発揮してるからこそ、こうやってキングとして今ここに居れるんだと思いますね」◯さらに海外勢とのコラボ楽曲も配信には収録されていますね。「そうですね。改めてDJ Khaled, Fabolous, Fat Joeって冷静に考えるとヤバすぎるメンツだなって。でも、これも俺がNYで武者修行して、各々リレーションシップを取りながら実現出来た事なので、俺にしか出来ないコラボであると自負してますね。」◯これからのコラボでイメージしている事はありますか?「ずっと言っているのは、尾崎豊さんの音楽とコラボをしてみたい、という事。それがサンプリングなのか、どういう形なのかは全く決めてはいないけど、尾崎さんの音楽に新たな生命を吹き込めるような機会があったらな、っていうのは、ガキの頃から思ってる夢ですね。尾崎豊さんが俺のアーティストとしての本当のルーツだから、それがもし叶うなら嬉しいですね。それから、真っ向勝負でコラボをしてみたいのは、永ちゃん(矢沢永吉)。ガキの俺が言うのはおこがましいけど、育った時代は違えど、「成り上がって」トップに辿り着いたという部分では、絶対に共鳴出来ると思うんですよね。そんなコラボが出来れば、本当に嬉しいですね。それからヒップホップのコラボだったら、やっぱりJAY-Zっていうのはあるし……言い出したらキリがないですね(笑)」◯ではソロの動きはいかがでしょう?「ここでコラボの形を提示出来たので、次は「これがAKだ」っていうソロを、用意してますね。ToshlさんやUVERworldとのコラボを通して俺に注目してくれる人が増えたなら、そういった人に「これがAKだ」っていう衝撃を、俺のソロで、音楽で与えたい。それが出来るようなものを、近い内には見せられると思いますね」(インタヴュワー: 高木JET晋一郎)