defjamrecordings

記事一覧(116)

【AK-69】EDC Japan 2019にて予定されているスぺシャルショーケース“AK-69 presents Stacked”の全容を解禁

ストリート発のヒップホップ・アーティストとして初となる日本武道館2デイズを成功させたばかりの、King of Japanese HIPHOPことラッパー・AK-69が、所属レーベルDef Jam Recordingsのレーベルメイトであるラッパー・SWAYとともに、AbemaTVに新設された公開スタジオ「UDAGAWA BASE」のオープンを記念して、AK-69とSWAYがこの日だけのトーク&パフォーマンスを『AbemaMIX』SPとして生放送で披露した。その番組の中で、AK-69は、SWAYとともに、AbemaTVがジャックしているマンハッタンレコードへのショッピングや懐かしい渋谷での思い出などをトークで語り、さらに、『AbemaMix』レギュラーで、EDC Japan 2019にも出演するDJ KEKKEによるSPミックスに合わせてAK-69&SWAYの即興ライブも披露した。そしてさらに、5月11日(土)、12日(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル<EDC Japan 2019>にて予定されている、“AK-69 presents Stacked”の全容について語った。“AK-69 presents Stacked”は、そのテーマのもとに、AK-69と親交のある注目の若手から日本のレジェンドまで、様々なラッパー、DJをフィーチャリングゲストとして迎え、この日のための一日限定のAK-69のスぺシャルショーケースである。そして、ついに解禁されたそのフィーチャリングゲストは、ACE1、、DJ Ryow、DJ TY-KOH、般若、Hideyoshi、KOWICHI、Lui Hua、OZworld a.k.a R'kuma、SWAY、ZEEBRAとのことでまさに若手からレジェンドまで豪華なラインナップとなっている。AK-69は「世界の名門フェスティバルEDCに、日本人として、そして歌い手としてステージに立たせて頂き光栄です!特別なこの日は、いつもと違うセットで、自分自身も楽しみながらEDCを体感しに行こうと思っているんで、期待していて下さい!」と、“AK-69 presents Stacked”への意気込みを語っている。また、番組で共演し、フィーチャリングゲストとして当日参加するSWAYも「世界的フェスに出演出来ること光栄に思います。今回AKさんと共に会場にブチかましに行かせてもらいます!当日、音楽の下で一緒に一つになって楽しみましょう!」と語っている。一日限定のAK-69のスぺシャルショーケースということで、EDC Japan 2019の中で行われる“AK-69 presents Stacked”はファンやHIPHOPヘッズのみならずとも見逃せない。<EDC Japan 2019>2019年5月11日(土)、12日(日)千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場12時開場、12時開演予定特設サイト: https://japan.electricdaisycarnival.com/AK-69 presents Stacked2019年5月12日(日) ※時間詳細は後日発表予定Featuring Guest:ACE1DJ RyowDJ TY-KOHHANNYAHideyoshiKOWICHILui HuaOZworld a.k.a R'kumaSWAYZEEBRAチケット:【一般1日券】 前売りチケット第一弾 SOLD OUT /第二弾 ¥12,000 SOLD OUT /第三弾 ¥13,000【一般2日通し券】 前売りチケット第一弾 SOLD OUT /第二弾 SOLD OUT /第三弾 ¥22,000 /第四弾 ¥24,000【VIP1日券】 前売りチケット第一弾 ¥27,000 /第二弾 ¥29,000 /第三弾 ¥30,000【VIP2日通し券 】 前売りチケット第一弾 SOLD OUT /第二弾 ¥52,000 /第三弾 ¥55,000※前売りチケットは上限枚数に達すると金額が変動します。最新の情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。受付URL: https://japan.electricdaisycarnival.com/tickets/English: https://japan.electricdaisycarnival.com/en/tickets/?noredirect=1

【IO】KANDYTOWN の IO、Def Jam Recordingsより6月19日リリースされるソロ・アルバム『Player’s Ballad.』の追加情報が公開。

総勢16名のヒップホップクルー、KANDYTOWN(キャンディタウン)のIO(イオ)が、世界的ヒップホップ名門レーベル、Def Jam Recordingsからの1stアルバム『Player’s Ballad.』を6月19日にリリースという衝撃のニュースの追加情報が発表された。『Player’s Ballad.』は、12曲の収録を予定しており、ストリートな面やロマンティックな一面、そしてソウルフルなサウンドなど様々な影響を落とし込み、KANDYTOWNともまた一味違う、IOオリジナルスタイルを具現化しているという。また、アルバムのアートワークは、カルチャーを牽引すべく、洗練されたデラックス仕様(チャック付き袋入りCD&ステッカー)となっており、注目が集まること必至だ。なお、アルバム・リリース直後の6月28日に行われる「IO(KANDYTOWN) Player's Section」とタイトルされたビルボードライブ東京での公演のチケット先行販売も4月16日(Club BBL会員先行・正午)から開始される。【CD詳細】発売日:6月19日(水)タイトル:Player’s Ballad.価格:3,300円+税品番:UICV-9309仕様:初回生産限定盤デラックス仕様チャック付き袋入りCD&ステッカー収録内容:12曲収録予定※この初回生産限定盤の終了後は通常盤に切り替わります。【ビルボードライブ東京】6/28(金)サービスエリア¥5,900-カジュアルエリア¥4,900-(1ドリンク付き)[ご予約・お問い合せ] ビルボードライブ東京 03-3405-1133〒107-0052東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン ガーデンテラス4FIO(vo,rap)その他未定【発売日】Club BBL会員先行=4/16(火)正午一般予約受付開始=4/23(火)正午

BTS (防弾少年団)

BTS (防弾少年団)韓国のヒップホップボーイズグループ。グループ名の由来は、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味を込めている。 2013年6月13日 シングル「2 COOL 4 SKOOL」で韓国デビュー2014年6月4日 「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」で日本デビュー2015年6月 4thシングル「FOR YOU」がオリコン週間シングルランキング1位を獲得2015年8月 『SUMMER SONIC 2015』出演2016年8月 『a-nation island & stadium fes. 2016 powered by dTV』出演2016年9月 日本2ndアルバム「YOUTH」が海外HIPHOPグループ史上初オリコン週間アルバムランキング1位を獲得2016年10月 韓国2ndアルバム「WINGS」がビルボード200チャート26位にランク、韓国アーティストの最高記録を更新 ◆受賞歴– 2013.11.14 第5回 MelOn Music Awards 新人賞– 2013.12.06 2013 So-Loved Awards (ドイツ) 新人賞・最高のシングル賞– 2014.01.16 第28回 韓国ゴールデンディスクアワード 新人賞– 2014.01.23 第23回 ハイワン・ソウル歌謡大賞 新人賞– 2014.02.12 第3回 GAONチャートK-POPアワード 新人賞– 2014.02.19 Soompi Awards 2013 (アメリカ) 新人賞– 2014.04.15 The 2nd YinYueTai V Chart Award 第二届音悦v榜年度盛典 (中国) 新人賞– 2015.01.15 第29回 韓国ゴールデンディスクアワード 本賞– 2015.01.22 第24回 ハイワン・ソウル歌謡大賞 本賞– 2015.01.28 第4回 GAONチャートK-POPアワード 本賞・ワールドルーキー賞– 2015.03.02 第29回 日本ゴールドディスク大賞 ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(アジア)・ベスト3ニュー・アーティスト(アジア)– 2015.03.13 ケーブルTV 放送大賞 韓流部門人気賞– 2015.10.19 第22回 MTV EMA(ヨーロッパミュージックアワード) Best Korean Act– 2015.11.07 第7回 MelOn Music Awards 男性ダンス部門ミュージックスタイル賞– 2015.12.02 Mnet Asian Music Awards ワールドパフォーマー賞– 2016.01.14 第25回 ハイワン・ソウル歌謡大賞 本賞– 2016.01.21 第30回 韓国ゴールデンディスクアワード 本賞– 2016.02.17 第5回 GAONチャートK-POPアワード K-POPワールド韓流スター賞– 2016.02.24 Soompi Awards 2015(アメリカ) Breakout Artist・Best Stage Outfit・Best Choreography– 2016.10.27 2016 韓国大衆文化芸術賞 文化体育部長官表彰状– 2016.11.16 2016 Asia Artist Awards ベストアーティスト賞– 2016.11.19 第8回 MelOn Music Awards 今年のアルバム賞・TOP 10– 2016.12.02 Mnet Asian Music Award 今年の歌手賞・ベストダンスパフォーマンス男性グループ賞– 2017.01.14 第31回 韓国ゴールデンディスクアワード 本賞・グロバールK-POPアーティスト賞– 2017.01.19 第26回 ハイワン・ソウル歌謡大賞 ベストアルバム賞・本賞・PV賞・ダンスパフォーマンス賞– 2017.02.22 第6回 GAONチャートミュージックアワード– 2017.02.22 第 4 四半期アルバム部門今年の歌手賞、Vライブグローバル人気賞– 2017.02.27 第31回 日本ゴールドディスク大賞 ベスト3アルバム(アジア)– 2017.03.01 The 12th Annual Soompi Awards 2016(米国)– 2017.03.01 Song of the Year(Blood Sweat&Tears)、Album of the Year(WINGS)

SWAY

SWAY/プロフィール1986年6月9日に北海道 札幌市出身。 2014年6月に結成された、4MC+1Vocalの男性グループ「DOBERMAN INFINITY」のメンバーとしてMCを担当するほか、2016年4月15日に結成されたグループ「HONEST BOYZ」、HiGH & LOWで結成された「MIGHTY WARRIORS」のメンバーにも抜擢される。 またソロとしても多くのビックアーティストに客演参加し、ラッパーとしての活躍はもちろん、劇団 EXILEのメンバー“野替愁平”として多数の舞台出演の他、映画「クローズ EXPLODE」「HiGH & LOW THE MOVIE」「ホットロード」、日本テレビ系ドラマ「HiGH & LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~」「ワイルド・ヒーローズ」等に出演。デザイナーとしてもDOBERMAN INFINITYのCDジャケット、グッズを始め、北海道日本ハムファイターズや、NEW ERA等とのコラボアイテムをデザインし商品が即完売となる等、マルチクリエイターとしての才能を発揮している。その多才さを活かした幅広いクリエイティブワークスで多くのプロップスを得てきたSWAYのInstagramのフォロワー数は現在53,9万人、Twitterのフォロワー数は現在34,7万人と日本のアーティストとしてはTOPクラスの人気を誇る。 SWAYは、新世代バイリンガル・ラッパーとしては代表的存在であり、彼の声の華やかと、フロウ・スキル、スタイリッシュさは国内において他を圧倒している。またラッパー兼俳優というスタイルと、ファッション業界でもアイコニックな存在になりつつある彼の次のアクションに、日本中が注目しているほか、世界標準のアーティストとしての成功の可能性に満ちている。

IO

東京都出身。KANDYTOWN / BCDMGに所属するラッパーであり、クリエイター・チーム、TAXi FILMSでも活動する映像クリエイター。2014年11月にKANDYTOWNとして『KOLD TAPE』を発表。同年末にはUNITED ARROWS企画のサイファー「NiCE UA 37.5: “Break Beats is Traditional”」にMURO、ANARCHY、KOHH等と共にKANDYTOWNのメンバーであるYOUNG JUJU、DONY JOINTと揃って参加したことで大きな注目を集め、デビュー前にも関わらずOLLIE誌のカバーを飾った他、EYESCREAMやWOOFINといったファッション/ストリート誌で注目のアーティストとしてピックアップ。2015年1月にKANDYTOWNの初アルバム『BLAKK MOTEL』、9月に『Kruise』をリリース。12月にはIO、YOUNG JUJU、DONY JOINTの連名でCARHARTTとコラボによるEP『Nothing NewEP』をリリース。2016年2月14日、ソロ・デビュー・アルバム『Soul Long』をリリース。全国クラブ・ツアーを始め、NIKE企画の「AIR MAX DAY」や「さんピンCAMP20」、「TAICO CLUB」、「SPACE SHOWER Twilight Shower Vol.2」(IO、YOUNG JUJU、DONY JOINT名義)等、さまざまなジャンルのイベントに出演。同年11月にKANDYTOWNとしてワーナー・ミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』をリリースし、東京/大阪/名古屋/広島/福岡の5大都市でのワンマンライブ・ツアー「KANDYTOWN 5CITY TOURPOWERED BY CARHARTT WIP」を開催。2017年4月19日、ソロとしてのセカンド・アルバム『Mood Blue』をリリース。その直前にはApple MusicのキャンペーンにSuchmos、ぼくのりりっくぼうよみ、iriと並んでフィーチャー。同作のアートワークを担当した上岡拓也氏とのコラボによるアートワーク・エキシビションを原宿のギャラリー、SO1にて開催。同作を記念したカプセル・コレクションのポップアップ・ストアをOPENING CEREMONY OMOTESANDOとPULPにてオープン。Libertin DUNE誌にてDIORHOMMEの最新コレクションのモデルを担当。ラッパー以外にもアート・ディレクター、ヴィジュアル・クリエイターなど表現者として多彩な顔を持つ今、東京で最も注目を集めているアーティストのひとり。

【SWAY】SWAY最新デジタル・シングル「チョコレート」リリースを記念して大好評の「MANZANAダンス部~「チョコレート」編~」再結成発表!

Def Jam Recordingsアーティスト、SWAYが2月14日配信、iTunes ヒップホップ・ラップランキング、邦楽ヒップホップ/R&B/レゲエ ランキングともに1位を獲得した「チョコレート」のリリースを記念して、ファンからの大好評の「MANZANAダンス部」の部活動を再び開催することを発表した。「MANZANAダンス部」は、いままで2016年のシングル「MANZANA」、2017年のアルバム『UNCHAINED』(テーマ曲は「SWAY SWAY」)のリリース・タイミングの2回の活動の実績がある。100名の部員と “禁断の部活動”として実施、「MANAZANA」、「SWAYSWAY」のダンスをダンス部部長であるSWAYと練習、そのダンスと音楽の楽しさを皆で体感しながら、ダンスを習得するというのが活動内容。今回のテーマ・ダンスは最新デジタル・シングル「チョコレート」のミュージック・ビデオで登場する主人公のチョコレート=「シックスパック君」が踊るダンスだ。SWAYがリリース記念で配信した「LINE LIVE」の番組にて、この振り付けをした世界的なコレオグラファー=RIEHATAがゲストで登場、彼女とともにSWAYがそのダンスを解説~披露した。この番組放送後、「#チョコレートチャレンジ」などのハッシュタグとともに、動画共有サービス=Tik Tokでダンスの投稿が多くされ続けており、このダンス部再結成となった。部員の応募がさっそく2月28日(木)午後6時(=18時)より始まっているので、詳細をオフィシャルHPなどをチェック、是非とも応募してもらいたい。■SWAY「MANZANAダンス部~「チョコレート」編~」部員募集HP:https://www.universal-music.co.jp/sway-d/chocolate-dance/ ■SWA「チョコレート」MV

【AK-69】ラグビー選手リーチ・マイケル、プロボクサー井岡一翔がAK-69の魅力をコメント! AK-69の楽曲を聴きながらトレーニングに取り組む模様も公開

AK-69が発信する「闘う男の代弁者」ともいえる曲中の熱いメッセージは、プロボクサー井岡一翔選手や、横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智選手など、多くのトップアスリートから評価されています。また、トップラグビー選手のトレーニングでも、AK-69の楽曲だけで構成されたプレイリストが使用されるなど、AK-69の楽曲はアスリート・ファイターを中心に、経営者やビジネスマンからも、自分の気持ちを鼓舞するときに聴く曲として熱烈に支持されています。▽AK-69を支持するアスリートの声■ラグビー選手 リーチ・マイケル コメントラグビーのチームトレーニングと音楽は繋がっていて、いつもチームで同じ音楽を聴きながら心拍数・テンポを揃えています。コーチがAK-69の曲をかけてくれたことがあって、今はAK-69本人にセレクトしてもらったAK-69の曲だけのプレイリストをトレーニングに使用しています。チームのメンバーからも非常に好評です。ニュー・アルバム「THE ANTHEM」も聴いてみて、特に「Divine Wind -KAMIKAZE-」が気に入っています。英語に訳してもらった歌詞を読んでみると、ラグビーにも必要な精神がたくさん刻まれていて、チームのメンバーにもこのAK-69の曲に込められた強さ・精神を伝えていきたいと思っています。